2010年05月06日

解体完了

解体完了。
100_6663.JPG







100_6684.JPG





すっかり風通しも良くなって

posted by abc-d at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | N邸 現場日誌

2010年04月28日

チェック

100_6589.JPG
床下も腐っていないかチェック

古いだけあって結構痛んでいました
こんなところから結構何十年か前の
新聞が出たりしますよね

昔、燈台守の宿直小屋の改修をしたときに
自分の生まれた日の新聞が出てきたときは
妙にうれしかった覚えがあります

ビルなんかの入口に「定礎」と書かれた石版
を見ますが、あの中にもいろんな記念品や
新聞なんかを入れておくんだと
聞いたことがあります

みてみたいものです
posted by abc-d at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | N邸 現場日誌

2010年04月27日

ずいぶんと・・・

omoya01.jpgずいぶんと休んでました。

母屋の解体に入りました
こちらの母屋は間取りの変更も無く

じゅらくの塗り替え

ふすまの張り替え

etc・・・の工事となります


posted by abc-d at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | N邸 現場日誌

2009年06月26日

増築部分完成

100_6512.JPG建具の取り付けも終わり
後は美装(びそう)といってクリーニングをするのみとなりました
いわゆる掃除です。

設備機器の取り扱い説明をメーカーの方に来ていただき
説明を熱心に聞いておられました。
まぁ一通り使っていただき、分からないことはその都度聞いてください。とお話して

数日後に母屋からお引越しです、そして今度は今まで仮に住んでおられたその母屋のリフォームをしていきます。

まだまだ終わりませんよ〜

母屋のほうは間取りなどの変更は無く
壁、床などを新しくすることや一部改修などをしていくので
そんなに時間はかからないと思いますが
はたして無事に終わりますでしょうか・・・。
posted by abc-d at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | N邸 現場日誌

2009年06月21日

カメはめガラス

18.jpg建具のデザインを打ち合わせているとき
お施主さんが突然

『カメの図柄を入れてほしいな、
 
 この辺とこの辺にちょこちょこっと。』

というので、考えたあげく



建具に嵌める透明ガラスにカメの図柄をデザインした少し大きめのシートを貼り、そのカメの部分だけを切り抜く、そしてその切り抜いた部分だけをスリガラスにしてもらった

3匹ほどガラスの上を泳いでいる

『おおっ良いじゃない!』

好評なようでよかった

しっかり泳げよ

posted by abc-d at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | N邸 現場日誌

2009年06月18日

トップライト

17.jpg〜トップライト(天窓)〜
壁にある窓からではなく、
天井に設けた窓から採光を確保すること。

この家には元々トップライトが付いていました
北側にリビングがあったので
その当時どうしても日中の光がリビングまで
入ってこないのでつけられたそうです。

以前は1箇所のみだったのですが、
今回の工事で3箇所に増やすことにしました。

このトップライトってやつは
建築基準法上、壁面の窓の有効採光数値の3倍
も有効採光数値が認められるほど明るいのです

建築密集地の場所や
今回のように北側に居室がある場合では、
非常に有効な手段といえます。

ただ、天井高さが低いと暑すぎる場合があるので
注意が必要です。

以前子供部屋にロフトを設けてそこにトップライト
を設置したら、暑すぎて眠れないという事例を
聞いたことがあります。

この家では天井高さ2.7mとして、そこにプラスチック
製の和紙を張った木製格子を設置して、その上に透明の
瓦を乗せてあります。

こうすることでやわらかい、やさしい光がお部屋全体を
照らしてくれます。



posted by abc-d at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | N邸 現場日誌

変わりゆく空間

ちょっと趣向を変えて
元の空間から新しい空間へと移り変わる様子をご覧ください




元の空間12-4.jpg









工事中の空間12-5.jpg









新しい空間12-14.jpg










こんな感じで変化していきます
私はこの元の空間から新しい空間になったときのイメージを
お施主さんと共有していきたいと思っていますが

これがなかなかムズカシイ

設計士だってたまに

『イメージと違う』

の一言で工事のやり直しをするくらいですから
見たこと無いものを伝えるのは、難しいものです

なので、もしあなたが家を設計してもらうときに
どんな空間の家にしたいのか伝えにくい場合は、
もっと抽象的な感じで伝えると良いかもしれません

たとえば大まかに

『暖かい感じのする空間』とか
『シャープな感じのする空間』とか

あるいは

『木を使った空間で天井が高く、白を基調とした少し落ち着きのある空間』

みたいに少し具体的に言っても良いかもしれません
posted by abc-d at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | N邸 現場日誌

2009年06月12日

お問い合わせに思うこと

こんにちは

今日は、電話でのお問い合わせについて
設計事務所に相談してみたいけどなんか電話しづらいよね
という話を聞きます

でも

無理も無いですよね
いきなり設計事務所に電話して

『そんなのは無理』

だとか

『そんな予算じゃ建てれません』

とか言われたらと思うと嫌ですもんね
それだけ設計事務所は敷居が高いとか、設計料が高いと
思われてますもんね

でもね

多くの設計事務所はウチも含めて、みんな親身になって相談に乗ってくれます
相談したからといって相談料を請求することもありません
無理な営業をかけたりもしません
一度プランしたからといって設計料を請求したりしません
(中にはプラン代を請求してこられるかもしれませんが、よく確認しましょう)

だから

電話での問い合わせのときに一度会って話をきいてくれんかのぉ?

と言って頂ければ、よろこんで会いに行きます
やっぱり私たちも一緒ですけど会って話を聞いたほうが
より具体的に相談にのることもできますし、プランだって
しやすいですから

でも、電話かけにくいですよね

だけど、その電話でひょっとしたら素敵な出会いがあるかもしれません。

広島は優秀な設計事務所が多くあります
きっとあなたに合った設計士が居ると思いますよ

posted by abc-d at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月02日

うだつの上がらない私

01.jpg先日、四国に行ってきたついでに徳島県美馬市脇町に行ってきました。ここは『いつまでもうだつの上がらない』で有名なうだつの町並みがあるところです。

このうだつ、卯建と書きますが本来は火事のときに隣家からの炎を遮る防火壁として造られていましたが、そのうち装飾を施すようになり、それにお金がかかるため裕福な家が競って豪華な背の高いうだつを造るようになりそれが語源と言うそうです。

なるほど、確かに装飾の施された立派なうだつです
こういう職人さんの腕が見られる日本の文化とも呼べる住宅はこれからの日本の新しい住宅で見ることは少なくなっていくのでしょうね
posted by abc-d at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

家具

16.jpg久々の更新になりました
不定期更新なので気長にお付き合いください

今回は家具です
予算にもよりますが、この造りつけの家具は是非ともオススメしたいアイテムです。確かに低予算で見栄えの良い家具は多くありますが、材質や色それにサイズなど自分の家にぴったりな家具とめぐり合うことはそうそうありませんよね

設計事務所に家の設計をお願いするときはこの造りつけの家具も一緒に設計してもらうといいと思います。家の設計をする最初の頃にリビングにテレビを置いて、飾り棚をつけたり、収納に困るような小物を整理できるようにしたい・・・。

など要望を出せばきっと相談にのってくれると思いますよ

この造りつけの家具の良いところはなんといっても自分の家だけのオリジナル家具というとこでしょう。キッチン廻りなど特に収納するものが多いときなどは実用的なそれでいてカッコイイ家具を設計してくれると思います。




posted by abc-d at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | N邸 現場日誌